銀行系のアコムだから得られる便利さと安心感

消費者金融は銀行系や独立系などに分かれ、大手消費者金融もその二つに大別できます。アコムは前者の銀行系で、三菱東京UFJ銀行のグループ企業として展開する大手の消費者金融です。銀行のカードローンではなく、融資の実行はあくまでもアコム本体である点が特徴です。貸金業法の改正により消費者金融の業界自体、大きく変わり、過払い金の返還請求が相次ぐ中で厳しい経営環境の中にあります。その生き残りを図る中でとったのが銀行の傘下に入ることでした。一方、銀行側の視点からみれば、個人の貸付を強化する意味で消費者金融のもつ個人の与信業務・ノウハウは魅力的なものでした。両者の思惑と業界の再編、法律の改正など様々な環境変化の中で誕生したのが銀行系のアコムです。利用者にとってのメリットは銀行と提携することで利用できるATMが増えること、上限金利や限度額、会員サービスの充実があります。大手の銀行の傘下になることで得られるスケールメリットは利用者にとっても大きな安心感にもつながります。

プロミスは銀行系の消費者金融です

プロミスはカードローンを主力商品とする大手消費者金融として有名でしたが、現在は銀行系の消費者金融として生まれ変わっています。三井住友銀行グループとなり、初期対応・サービス力が向上したという口コミがありますが、商品内容については特に変わりはないです。銀行の提供するローンではないため、総量規制の対象になります。金利は上限を17.8%としており、大手消費者金融と比較しても少し低いですが、銀行カードローンよりは少し高いです。銀行系のプロミスから借りるメリットは、知名度が高い金融機関なのでヤミ金である可能性がゼロなことです。ヤミ金の中には大手業者を名乗っているところが多いのですが、銀行系のプロミスならば問題ありません。プロミスのホームページ経由で申し込みをすれば、悪徳業者にアクセスする心配はないのです。ホームページ以外でプロミスに類似した名称の業者を見つけた場合は、借りるのは避けたほうがいいでしょう。特に女性は何かとターゲットにされやすいので主婦でもお金が借りれるようなところを探すべきですね。
主婦がお金を借りる特集⇒主婦がお金借りるなら【主婦向けレディースカードローン委員会】

銀行系ノーローンのメリットとは

ノーローンといえば銀行系の無利息ローンとして人気です。無利息期間は7日間と短いですが、毎月7日間の無利息が用意されています。年率に関しては他の銀行系ローンと同程度ですが、7日間は無利息になるので総支払い額はかなり少なくなります。ノーローンが適している方は、数日程度の借り入れを繰り返す方なのです。カードローンは短期借入用のローンであり、本来は数日程度借りて返済するような状況で使われます。しかし、現状は長期借入用として利用している方が多く、10年以上契約している方も少なくありません。7日間以内に返済するならば、ノーローンほど便利な銀行系キャッシングはありません。利息を支払う必要がないですし、借りたことに対して誰からも文句は言われません。友達からお金を借りることは、友人関係を疎遠にする要因となるので避けるべきです。給料日、ボーナス前にお金がなくて困っている状況なら、ノーローンで借りるようにしましょう。

銀行系のモビットで借りるメリットとは

モビットは銀行系業者であり、非銀行系の消費者金融と比べて信頼性・安心感が高い会社なのです。銀行提携のハードルは非常に高く、ほとんどの業者は提携できません。銀行系と名称の付く消費者金融は、金利が低い、限度額が大きい、融資が即日対応などの利点があります。モビットは総量規制の範囲内での融資となるので、借りすぎる心配もありません。現在のキャッシングはグレーゾーン金利時代のローンと比べて、融資額は5分の1程度となっています。当時300万円の融資を受けられた方ならば、現在のローンだと60万円程度なのです。融資額が少なくなることは欠点に捉える方もいますが、実際には利点のほうが大きいのです。借りる金額を圧縮するほど利息も減り、短期返済が可能となるからです。モビットの借入上限は年収の3分の1であり、それ以上は借り入れできませんが、この金額は小口ローンとしては十分なものです。元消費者金融の社員は、年収の10%程度が無難な借入額だと話しているのです。

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違い

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違いは、なんといっても金利の差です。借入額が30万円の場合、消費者金融では18%かそれに近い金利になっていますが、銀行カードローンでは13%〜14%とかなり低金利です。この金利の差は頻繁にキャッシングを利用する人ほど金額になかりの差がつきます。また、限度額が上がるほど金利は下がっていきますが、限度額が上がったときの最低金利についても、銀行カードローンのほうが有利な条件である場合が多いです。もう1つの大きな違いは、審査にあります。銀行カードローンは、比較的審査が厳しく、過去に1回のクレジットカードの延滞があっただけでも審査に落ちることがあります。クレジットカードやローンの支払いで延滞をするということは、「約束を守らない」ということであり、審査に落ちる原因になりやすいです。一方、消費者金融では過去の信用情報よりも現在の支払い能力を重視する傾向があり、1回や2回の延滞があっても審査には問題なく通ることがあります。銀行カードローンの審査に落ちた人もターゲットにしていることも審査が柔軟な理由となっています。

このページの先頭へ